面接を通過し、内定を得るには

大学生の就職活動 応援サイト!

面接を通過し、内定を得るには

就活の中でも面接は1番緊張するかもしれませんね。実際に企業の人の前でいろいろな事を話さなければいけないので話す内容について心配な人も多いでしょう。

企業によっても違いますが、面接では様々な質問などをされるようです。

まず自己PRなどする場合ですが、できるだけ自分の事を知ってもらうつもりで話しましょう。

学生としてどのような事を学んできたのか、またその他にサークルやアルバイトなど様々な角度から自己PRをしてみるといいでしょう。

志望動機も必ず聞かれる事かもしれませんね。

これについてはだいたい考えていると思いますが、できるだけ具体的に答えられるようにしておいた方がいいかもしれません。

"ただ興味があるから"だけでは少し弱いでしょう。たくさんある企業の中からどうしてそこを選んだのか、またもしも入社したら何がやりたいのかまで答えられるようにしておきたいですね。

この他、学生時代に自分が積極的に取り組んでいた事などもアピールしてみるといいでしょう。

何かに一生懸命取り組む事はとてもいい事です。その中でどういう役割をしていたのかなど、話していくうちに自分の長所などもさりげなくアピールする事ができるでしょう。

また企業側も話の中でその人について見極めようとするはずです。学生時代に打ち込んだものがある場合は面接時にどんどん活用してみるといいかもしれませんね。

今現在頑張っているものがあればそれも是非アピールしてみましょう。将来仕事で役に立つかもしれませんし、常に自己啓発は必要です。

入社してからいろいろな資格取得を求められる職場もありますので、勉強しているというだけでイメージもよくなるはずです。前向きな姿勢をアピールできるといいですね。

面接では自分が今まで頑張ってきた「過去」、そして何故この会社を希望するのかという「現在」、そして将来どういう事がやりたいのかの「未来」が必要です。こららの事を頭の中でまとめておくといいかもしれませんね。

タイトル;面接受けの良いエピソードトークを見つけよう

面接ではいろいろな事を聞かれると思いますが、たくさんの学生がいる中で自己アピールをしていくというのはなかなか難しい事かもしれませんね。

それでも内定をもらうためには少しでも自分を売り込む必要があります。人事の人の印象に残るためにもなんとかして注目を浴びたいと思うのではないでしょうか。

やはり他の人と同じだと印象に残りにくいかもしれませんね。できれば自分にしか話せないエピソードなどがあるといいでしょう。面接では人事の人と話をしますので、トークで人をひきつけるというのも必要になるでしょう。

エピソードの内容は人によって様々ですが、まず普段の生活の中にそうしたものがないかどうか探してみましょう。

中にはそんなものは何もないという人もいるかもしれませんが、毎日欠かさず続けている事などないでしょうか?もちろん現在進行中の事でも大丈夫です。

小さな事でも継続して続けている事があればエピソードとして使えますので積極的に話してみましょう。数年間続けているという実績とそれに関わる事を話すだけでかなり印象はよくなるはずです。

この他にも学業に関して優秀な成績が残せた場合や、何かに積極的に取り組んだ事などもいいでしょう。

学生時代でしかできない楽しいエピソードがあると聞いていても面白いですよね。

もちろんただ面白いだけではいけませんが、それによって学んだことやこれから生かせそうな経験もたくさんあるのではないでしょうか。

自分では気が付いていなくても人事の人はそういう話の中からこれからの可能性を探っているはずです。新しい体験は自分を大きくしてくれますが、それだけでなく将来にもつながっていきます。

学生のうちはできるだけいろいろな事にチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

またこの他にマイナス部分をプラスに置き変えるというアピール方法もあります。

例えば自分の短所を上手に長所に置き換えるというやり方などですが、常に前向きな考え方をする必要があるかもしれませんね。

面接では嫌な事を聞かれる事もあると思いますが、そういう時でも動じずに常に自分をアピールできる力があると助かりそうです。