自己分析の方法

大学生の就職活動 応援サイト!

自己分析の方法

就活をする時はいきなり始めるのでなくまず準備が必要です。就職先を探す前に自分をよく知る事が大切ですので自己分析をしておくといいでしょう。

自己分析をするにはまず書き出してみるとわかりやすいでしょう。頭の中であれこれ考えてもなかなか整理がしにくいです。ですから紙と鉛筆を準備してまずは書き出してみる必要があります。

これまでの自分を振り返ってみる

今まで自分が学んできた事やそこで経験した事、印象に残っている事などを思い出してみましょう。就活をする準備として簡単な自分史をつくってみます。

できれば細かく、小学校、中学、高校、大学にわけその時々の思いなどを書き出してみるといいでしょう。

特に高校、大学のあたりは将来について真剣に考え始める時期ですのでしっかりと記入できるといいですね。

年代的にも記憶がまだ残っていると思いますので、その時の思いや何故そうしようとしたのかなど思いついた事を箇条書きにしてみましょう。

またこの時あれこれ考えてしまう人がいるようですが、できるだけ素直な気持ちで思い出すようにしたいですね。自己分析のためのものですので、変に自分をつくる事がないようにしましょう。

その他にも今まで自分のしてきた事に対してネガティブな感情が優先してしまう人もいるようです。

もちろんそれがいけないとは言いませんが、就活をする際は少し不利になる場合もありますので気をつけましょう。

特に自己分析をする際は、素直に自分の気持ちと向き合ってみるといいかもしれませんね。

「ただなんとなくそうなってしまった」事もたくさんあると思いますが、すべては自分で選んできた事ですので何故それを選んだのかよく考えてみる必要がありそうです。

現在の自分を知る

今現在の自分に何ができるのかを書き出してみます。勉強している事や取り組んでいる事、その他に性格的なものなども含め、現在の自分について箇条書きにしてみましょう。

将来について

過去、現在の自分を振り返り将来自分がどうしたいのかを考えます。夢や目標、将来像などを明確にしていきしょう。

自分の過去、現在、未来をたどる事で自己分析ができますので是非やってみましょう。ただあまり考え過ぎるのもよくないようですね。思った事を素直に箇条書きするだけで十分でしょう。