就活の後ろ倒しが与える影響

大学生の就職活動 応援サイト!

就活の後ろ倒しが与える影響

2016年4月に卒業見込みの大学生から就職活動の解禁の時期が繰り下げられる見通しです。

現在は就職活動の解禁日は3年生の12月になっていますが、これを3か月遅い3月からにするように政府は経済界に働きかけているからです。

現行だと大学3年生が12月ともなると就活に重きを置くようになり、本来の大学の学業への妨げになるということが原因です。

確かに大学3年生は秋以降になると就活が忙しくなり授業への出席もままならず、卒業論文やゼミ、研究に費やす本来の学生としての務めがおろそかになってしまうという現実があります。

3か月後ろ倒しになることでどんな影響が出てくるでしょうか?

学生側にとっては、大学3年生という、最も充実した時期に学業に専念できるということもあります。

これまで取り組んできた専門の研究に時間がかけられるし、例えば長期の留学とかも可能になってきます。これまでは留学すると就活のスケジュールに間に合わないということもありました。

留学に限らず、広い視野で様々な分野での体験も可能になってくると言えます。せっかく貴重な体験を積んできたのに、就活のスケジュールに間に合わないというのでは、学生にとっても、企業にとっても大きなマイナスになります。

企業側としても、採用する学生が学生時代に学んできたこと、経験とうものにより注目していくことになりそうです。

3か月の後ろ倒しで懸念されることもあります。大学によっては卒業論文の時期と重なったりすることがあります。

また、就活が短期集中になるため、面接や採用試験の日程が重なることも予想されます。

さらに公務員試験の採用も加わってくるので、学生はこれまでのように何社も掛け持ちして受験することが難しくなります。結果就職浪人や留年する学生とうのが増えることも予想されます。

一方企業の側では、短期集中で人気企業に人材が集中し、人気のない中小企業などは人材を確保するのがより難しくなることになりそうです。

就活の後ろ倒しを有効に

就活の後ろ倒しとは、就活解禁日がこれまでより遅くなるということです。

これまでは就活の解禁日は大学3年生の12月、選考活動開始が4年生の4月、内定は10月というのが大まかなスケジュールでした。

これが2016年からは、就活の解禁日が3月、選考活動開始が8月、内定が10月、ということになります。

就活の開始日を3か月遅らせることで、その分学生は本来の学業に専念しろ、ということです。

確かに今の大学はいつのころからか就職の予備校化してきているところもあり、大学の授業より、よい企業への就職を優先している傾向が強くなってきています。

昨今の経済情勢にもよりますが、学生もその風潮の中で3年生の早い時期から学業より就活に力を入れるようになってきているようです。

3年生といえば学業でも部活でもサークルでも一番充実したキャンパスライフが送れる時期なのに、いつからかダークスーツに身を包むのが当たり前の時期になってきてしまいました。

これは大学にとっても学生にとっても不幸なことではないか、ということで安倍政権は就活の後ろ倒しを提案。経団連も前向きに検討ということで、2016年から解禁日が3か月遅くなることになりました。現在の大学2年生からです。

就活のスタートが遅れることで、就活は短期決戦になります。

内定の時期もそれだけ遅れるので、早く決まればよいですが決まらない学生というのが今まで以上に増え、卒業まで就活を続けるという学生も多くなるのではないかと懸念されています。

4年生になると就活一色になる、ということになります。

一部の優秀な学生にとっては、解禁日が遅くなろうとほとんど影響がありませんが、大半の学生にとってはかなり厳しい状況に追い込まれることになりそうです。

でも考えようによってはこの3か月、活かすも活かさないも自分しだい。有効に使うことができるチャンスととらえてはどうでしょうか。

学業に専念するのもよいし、資格を取るために勉強するのもよいでしょう。

また留学やボランティア活動、アルバイトなどで社会経験を積むこともできます。
就職を真剣に考えたいのなら情報収集の時間が増えたともいえます。

有効に使うことが良い結果につながるのではないでしょうか。