ブラック企業に入らないために

大学生の就職活動 応援サイト!

ブラック企業に入らないために

内定をもらって喜んでいたら不幸にして、実はブラック企業だった、ということもよく聞く話です。

ブラック企業というのは、労働基準法に触れるか触れないかぎりぎりのところでの営業行為や、従業員へ劣悪な待遇を強いていたり、パワハラなどが日常的に行われているような会社のことを指します。

従業員に対して極端な長時間労働やサービス残業をさせていたり、給与が歩合制で基本給が低かったりする企業というのは、会社の大小を問わず多いものです。

就活中にはなかなかブラック企業かどうかを見極めるのは難しいものですが、就活サイトを見てみると、情報は入ってくるものです。

就活サイトの書き込みも意外に役立つものです。不確かな情報もありますが、「この会社に入るくらいならバイトをしていた方がまし」「使い捨て」「女子は顔で選ぶ」なんて書き込みもあります。

広告宣伝をたくさんしていて、世の中に名前が知れ渡っている会社でも実はブラックだった、という会社も多く存在します。

特に急に成長した会社で採用枠が同業種に比べて極端に多い、採用数が急に増えた、従業員数に比べて採用人数の割合が高い、というような会社は、それだけ離職者が多く人材が流出しているということも考えられるので、要注意です。

従業員数、採用人数は上場している会社なら会社四季報でわかりますし、就職サイトでも簡単に調べることができます。

また、高収入をうたっている会社も注意が必要です。実は基本給が安く歩合制だった、ノルマが達成できないと罵倒される、なんて会社もあります。

時間外労働にも気を付けましょう。休日出勤、長時間労働、サービス残業は当たり前、という会社は意外に多いものです。それが慣例になっていて中の人は普通になってしまっている場合もあります。

ブラック企業をみつけるポイントは、平均年齢にも表れます。
平均年齢が若いというのは離職者が多い、人が育っていない、という現れでもあります。

転職サイト、OB訪問などをうまく利用してブラック企業に入らないよう細心の注意をしましょう。