大学生の困難な就活を乗り越え、内定を得るためにやるべきことを紹介!

大学生の就職活動 応援サイト!

就活に向けてやるべきコトとは?

就活を始める前に少し準備などしておくといいかもしれませんね。やはり自分の将来に関わる事ですので、時間をかけてしっかりと考えた方がいいでしょう。

まずやっておきたいのは、自己分析です。
就活をするにあたり自分が本当に何がやりたいのか、また今現在能力がどれくらいあるのか、社会の中で何ができるのかなどしっかりと考えておく事が必要でしょう。

学生の時はただなんとなく過ごしてきたかもしれませんが、就活になると自分の考えなどを言う機会が増えます。そういう時でもしっかり答えられるようにまずは自己分析しておくといいでしょう。

また学生の頃から常に将来について意識しておく事も大切です。

自分がどういう事に興味があるのかなど、普段の生活の中で幾つか候補をだしておきましょう。

そして時間があるのならその事について調べたりなどしてみるといいかもしれませんね。少しでも興味を持ったら積極的に働きかける事も重要です。

その他、学生のうちは時間がありますのでできるだけいろいろな経験をしておきましょう。
就活にはまったく関係がないように思えますが、経験からはいろいろな事が学べます。勉強も大切ですが知識だけでなく実際に身を持って体験する事も必要でしょう。

特に自分の得意分野や興味のある事ばかりでなく、苦手なものや今までやってこなかった事などにも積極的にチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

意外な発見や楽しさに気付く事もありそうです。またやっぱり苦手かもしれないでもいいわけです。

その経験が社会に出た時に役に立つ事もあるでしょう。また社会にでれば苦手でもやらされる事はたくさんありますので、どんな事でも取り組めるようにしておくといいかもしれませんね。

就活を始める前にはしっかりと自己分析をし、頭の中を整理しておきましょう。またいきなり就活を始めるのでなく普段から将来について考えておく事も大切です。

時間のあるうちにいろいろ事にチャレンジをし経験値をあげておけるといいですね。

失敗しない就職活動の極意

就職活動で失敗しないためにはポイントを抑える事も大切です。限られた時間の中で内定をもらうためにもまずそうした部分を抑えて準備を始められるといいかもしれませんね。

自己分析はきっちりと行う

自分史のようなものを作成したり結構大変な作業もありますが、何もせずに就活に臨むのはあまりよくないかもしれませんね。
いくら頭の中で考えてもなかなか整理できない事もありますので、やはり書き出してみるというのが一番手っ取り早いでしょう。

無駄な作業のように思えるかもしれませんが、そうして書いているうちにいろんなものが見えてきたりする事もあります。

また、就活の事を考え過ぎて無理に自分の気持ちをつくらないようにしたいですね。素直な気持ちで自己分析を行えば、自然と自己アピールにつながるようなものができあがりそうです。

情報をたくさん集める

人によっては就職したい業種などをすでに決めてしまっている人もいると思いますが、最初から選択肢を少なくしてしまうと後々困る可能性もあります。

できるだけ幅広く、興味がない分野でも積極的に情報収集をしておきましょう。そうしているうちに意外と自分にあう仕事が見つかる場合もあります。

またその際はネットだけでなく様々な角度から行う事も大切です。友達と情報交換したりするのもいいですね。

できるだけ偏らないようにいろいろなものを利用し総合的に判断していくようにしましょう。中には1人で考えるのが不安な場合もあると思いますが、そういう時は自分だけで悩まず先輩など周囲の人の意見も参考にしてみるといいでしょう。

諦めずにとにかく頑張る

なかなか内定がもらえないと焦ったり諦めたくなる人もいると思いますが、とにかく最後まで頑張る事が大事です。第一希望は無理でも会社はたくさんあります。

すぐに諦めてしまうのでなく根気強く動き回る事が大切です。最後の最後になって内定がもらえる人もいますので投げ出さないようにしたいですね。

就職メディア媒体はどれに登録すべき?

これからの就活に欠かせないものと言えばメディア媒体ではないでしょうか。どこにいてもすぐに情報が入手でき、また企業側としてもコストが削減できるためこれからもますます増えていきそうですね。

最近はFacebookやTwitterなどを就活に活用している人も多く、少しでも多く情報を集めたい場合はやはり必要でしょう。

サイトを利用したものでは「リクナビ」などがとても人気なようです。

約9割がこのサイトを就活に利用していますが、掲載されている会社の数も最大のため情報量も期待できるでしょう。大学から短大、専門学校生まで幅広い学生が利用しています。

またそのほかに「マイナビ」なども同じくらいよく使われています。こちらは中小企業などの求人も多くあるため「リクナビ」と併用している人も多いようですね。こうする事で情報の層も厚くなり、選択肢も増えるでしょう。

それ以外にも「エンジャパン」ではそこにしかない求人情報などもあるため登録している人もいるようですね。少しの情報でも漏らしたくないという人はこういうところも利用して常にチェックしてみるといいでしょう。

また「ハローワーク」もネットで検索する事ができます。簡単な情報を入力するだけで求人情報を見る事ができ、また意外と件数も多いため便利かもしれませんね。

ハローワークに行かなくても自宅で求人がチェックできるようになっています。

その他今はFacebookやTwitterを就活に使っている人も多いようです。あまり結びつかないかもしれませんが、企業の中にはFacebook限定で情報を発信しているところもあります。

ここでしか手に入らない情報などもたくさんあるため上手に活用すればかなり役立ちそうですね。

ただ中には個人情報の漏洩や情報の信ぴょう性などを不安視する人もいるようです。でももしも自分が希望している企業がそうだとすればやはり必要になるかもしれませんね。

その辺は自分で上手に使いこなせるようにしたいですね。